家庭教師にご飯はつきものなの?家庭教師へのご飯は、各家庭の考え方による

家庭教師をしている仲間内で、ご飯が出てくると言う家庭とそうではない家庭があります。家庭教師にご飯は必ずしもつきものではありません。しかし契約の仕方や、各家庭の配慮により、ご飯が出てくると言うことも少なくありません。

・個人契約と派遣会社を通しての契約では待遇が違うこともある
個人契約の家庭教師の場合は、特に厳しい取り決めがあるわけではありません。そのために各家庭の考え方によってご飯を家庭教師に提供するということは少なくありません。またご飯や交通費を含める代わりに、少し家庭教師代を下げるという値段交渉をしてくる家庭もあります。

家庭教師にご飯はつきものなの?家庭教師へのご飯は、各家庭の考え方による

それを受けるかどうかは家庭教師の判断になりますが、ご飯が時に取引条件になることもあるのですね。派遣会社を通して家庭教師をする時には、ご飯は出さないでくださいと決まっているところもあります。ご飯を出すというのは、メニューを考えたり、大変ですよね。

関連・家庭教師 http://www.benkyo.co.jp/

はじめからご飯を出さないで良いと決まっていれば楽であることには間違いありません。そのために派遣会社の家庭教師を選ぶという家庭もあるのです。

・勉強をする時には、エネルギーが必要
家庭教師と勉強する時間にもよりますが、1時間程度の勉強時間であれば、休憩なしで指導を受けることも可能です。しかし2時間など長い時間になると、間で少し休憩が必要です。勉強をするにもエネルギーが必要ですし、疲れは勉強する能力や集中力の低下にもつながるからですね。

そのような時には、自分の子どもに休憩させるのと同時に、家庭教師にも休憩の意味で食事を出す家庭は少なくありません。またご飯といったきちんとした食事でなくてもサンドイッチなど軽食の場合もあるでしょう。またその場でご飯を出すことのない家庭でも、家庭教師が終了し帰る時に、お弁当を持たせてくれる家庭もあります。

これは学生の家庭教師の場合が多いですね。学生は自炊するのも大変ですし、自宅に来て教えてくれることに対して、ねぎらいの意味も込めてご飯を持たせてくれることもあるのです。