家庭教師のバイトを始めるにはどうすればいいのでしょうか?また、バイトの掛け持ちはできますか?

家庭教師のバイトの始め方は、大きく分けて2つの方法があります。

〇生徒と個人契約する
知り合いなどに家庭教師を雇いたい人がいる場合は、個人契約という形でバイトを始めることが出来ます。この方法は間に誰も挟まずに直接、生徒側と自分とで交渉して契約します。

ただし、自分で生徒を探すのは大変困難で、個人契約で家庭教師を行っている人は少ないのが現状です。

〇家庭教師派遣会社に登録する

家庭教師センターのオペレーター

家庭教師のバイトをする場合は、このやり方で行うのが通常です。家庭教師派遣会社に登録するには、まずネットの求人サイトや求人情報誌などで家庭教師派遣会社を調べ、webや電話で応募します。

登録条件は家庭教師派遣会社によって異なり、大学生や社会人じゃなければダメな会社もあれば、特定の資格がないと登録できない派遣会社も存在します。

・家庭教師のバイトを始めるまでの流れとは?
家庭教師派遣会社に応募したら、面接日などのメールが来ます。基本的にどの家庭教師派遣会社も面接が行われます。面接の他にも筆記試験を行う会社もあり、採用試験は会社によって異なっています。

この採用試験に合格し、研修や本登録などの手続きを得て、ようやく家庭教師のバイトを始めることが出来ます。

〇家庭教師のバイトは掛け持ちが可能か?
家庭教師は登録制で掛け持ちNGなどの規約もないので、バイトを掛け持ちしても大丈夫です。他の家庭教師派遣会社と掛け持ちしても大丈夫ですし、飲食店などのバイトとも掛け持ちできます。

家庭教師は授業を行うスケジュールが決まっているので、非常に掛け持ちしやすいバイトと言えます。ただし、気を付けなければいけないのは、塾との掛け持ちです。

同じ、生徒に勉強を教えるバイト内容なので掛け持ちしやすいですが、塾の中には家庭教師と掛け持ちをNGにしているところもあります。

その為、塾講師との掛け持ちをするなら、必ず塾側の規約などを見て掛け持ちがダメかどうか確認してからバイトの掛け持ちをする事をおすすめします。

家庭教師派遣会社側は特に規約もないので、塾側だけを注意してくださいね。