家庭教師の短期契約のメリットデメリットは?短期家庭教師のメリットデメリットはどんなものがあるの?

家庭教師は、日々の勉学をサポートする長期的な契約の家庭教師と、テスト前や受験前といった力を入れたい時だけ契約する短期の家庭教師があります。

それぞれに一長一短がありますが、今回は、短期の家庭教師のメリットデメリットを見ていきましょう

嬉しそうな家庭教師

・短期家庭教師の需要は多いの?
日ごろの勉強は、授業や塾のサポートでなんとやっていけるけれど、テストや受験までには、それでは間に合わないと判断する家庭も少なくありません。

学生には、得意不得意な分野もあり、学校の授業や塾では、そこまで個別な指導が出来ないからです。個別の指導を受けなければ、いつまでたっても不得意な分野は、苦手なままで能力を伸ばすことはできません。

そのために家庭教師の出番となるのですね。そのため需要は少なくありません。また時期的には、非常に必要とされることもあります。

・短期家庭教師のメリット
短期で家庭教師をする場合は、短期間で、その生徒や家族との信頼関係を作らなくてはいけません。そのためできれば、コミュニケーション能力のたかい家庭教師がいいです。

そしてその生徒の学力を見て、どの部分を伸ばさなくてはいけないのか。その部分の理解が不足しているのかというような分析能力が必要になります。

ただし、生徒にとっては、短期間で集中して不得意なところを学べる、短期間で学力をアップさせることが出来るというメリットがあります。

また家庭教師にとっては、長期的な契約ではなく、短期的な契約で、契約期間が終われば自由な時間を得られるというメリットがあります。

・短期家庭教師のデメリット
家庭教師から見ると短期という契約であるために、契約終了になると収入源がたたれるということになります。また新しい仕事を見つけなくてはいけないので、少し大変であるところがデメリットの1つです。

また短期間でその生徒の学力を伸ばさなくてはいけないという任務がありますね。特にテスト前だとテストの点数をあげる、受験だと合格という客観的な指標になるものがあるので、家庭教師の実力がすぐに判断できることになるのです。

それもデメリットです。